2010年06月01日

斎場職員10人を懲戒免職=業者から「心付け」受領―大阪市(時事通信)

 大阪市は31日、市立斎場の技能職員22人が葬儀業者から「心付け」と呼ばれる現金や商品券を受け取っていたとする調査報告をまとめた。このうち最近まで金品を受け取っていた職員ら10人は懲戒免職、異動などで受領をやめた者などについては停職処分にした。10人の免職は、市の一度での免職処分数としては過去最多という。
 報告によると、金品を受け取って葬儀業者に火葬日などで便宜を図る慣行は、2002年に問題が発覚し禁止されたが、その後すぐに復活。同年から今年2月までの間、斎場職員22人が葬儀業者から受け取った心付けは計約950万円分に上る。確認された心付けは1回1000〜3万8000円。 

【関連ニュース】
警官の免職処分「妥当でない」=停職に修正、勤務復帰へ
兼業事務官を停職処分=大阪高裁
副士長を懲戒免職=夜行バスで女性触る
交通規制課警部補を懲戒免職=酒気帯び運転、下着窃盗
警部補ら2人懲戒免職=暴力団周辺から借金、腕時計

<訃報>中川順さん90歳=元テレビ東京社長(毎日新聞)
大阪市長「風で閉塞感を解決できぬ」 市議補選・橋下新党勝利(産経新聞)
ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)
<野球賭博疑惑>琴光喜関を任意で聴取 警視庁(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎・えびの市の全農家陰性(毎日新聞)
posted by アリムラ スミコ at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。