2010年04月17日

高齢者の買い物支援で企業の経費を助成―秋田県(医療介護CBニュース)

 秋田県は、「成熟型社会対応サービス産業推進事業」を5月中にも開始する。高齢者の買い物支援や安否確認などで新たなサービスを開始する民間企業に対し、100万円まで必要経費を助成する。県民の需要があることに加え、成長分野の医療・介護を支援する新規ビジネスを育成して県内の産業・サービス市場の拡大につなげる狙い。

 同事業では、▽買い物支援に特化した新規事業▽「安心・安全」「健康・福祉」「環境」などの分野で将来性が見込める新規事業―の2つを支援する。県によると、高齢者を中心に農山村部の居住者が買い物に不便することが多いため、特に買い物支援サービスを企画する企業を広く募集する。対象企業の条件などの詳細は今後、詰める。

 今年度には、同事業関連費として400万円を確保している。公募は5月中に行い、5月から6月にかけて助成先の企業を選定する。


【関連記事】
介護や医療などの雇用創造事業の「効果的な活用を」―職業安定局
医療・介護含む「優先課題」を提示―安心社会実現会議
「介護労働実態調査」で議論―介護給付費分科会
医療・介護支援サービスなどの発展を

<北海道4歳児虐待死>否認の男に懲役8年 旭川地裁判決(毎日新聞)
テレ朝「お願い!ランキング」で規格違う商品販売(産経新聞)
福知山線事故 JR西 脱線防止策進ちょく状況など報告(毎日新聞)
東海道新幹線と接触、男性負傷=一時運転見合わせ−JR京都駅(時事通信)
鳩山首相、「5月決着」伝達=普天間で米大統領に(時事通信)
posted by アリムラ スミコ at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。