2010年05月19日

壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)

【生活“不”必需品情報館】

 ファミリーコンピュータが世に登場したのは昭和58(1983)年。息子が寝静まった夜、暗がりの中で音を消し、両親がゲームにはまっていたことを覚えている。

 そんな「ファミコン」は修理してもらえるのか。任天堂に聞いてみると「交換部品が確保できず、平成19(2007)年にサポートを終了しました」。衝撃である。一般的に家電のサポート期間は6、7年と言われているが、ファミコンは部品がなくなるまで20年以上も続いていたのだ(後述の表を参照)。

 最近、3Dテレビが話題となっているが、私は覚えています。かつて、ゴーグルをのぞきこんで3Dゲームが楽しめる「バーチャルボーイ」を任天堂が販売していたことを。3Dマリオを使ったテレビCM、今でも忘れていません。「色が赤一色しか使えないゲーム機で、あまり売れませんでした…」と担当者。ちなみに任天堂の3Dゲーム機の元祖は、昭和61年の「ディスクシステム」でソフトが販売されたことがあるとか。それもまた、驚き。(渡部圭介)

 ■修理サポートが終わった任天堂ゲーム機(カッコ内は販売年)

 ファミリーコンピュータ(昭和58)

 ディスクシステム(昭和61)

 スーパーファミコン(平成2)

 ゲームボーイポケット(平成8)

 NINTENDO64(平成8)

 ゲームボーイライト(平成10)

 【U35】は、35歳以下の記者で取材・執筆しています。当<生活不必需品情報館>では、日常生活の素朴なギモンを調べます。

 投稿やお便り、質問は下記のアドレス(月刊オーサカ箱【U35】編集部)までお寄せください。u35@sankei.co.jp

【関連記事】
インベーダーからドラクエIXまで ゲーム歴史学
任天堂のゲームボーイが「オモチャの殿堂」入り
受け抜群!? ファミコンコントローラー型名刺入れ
Wiiインターネットチャンネルが無料に ネット接続を促進
DSで語られる『ファイナルファンタジー』の新たな進化のカタチ

移設決着期限で首相「5月末は国民への約束」(読売新聞)
「1億円金塊」を返還=ふるさと創生活用、兵庫・淡路市(時事通信)
広島被爆ピアノ NY公演ピンチ 輸送費募金 目標の4割(産経新聞)
<鳩山首相>ぶら下がり取材 オープン化の考え表明(毎日新聞)
東北大助教の解雇は不当=データ転用で懲戒、仮処分認める―仙台地裁(時事通信)
posted by アリムラ スミコ at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

<ジェットスキー事故>3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)

 千葉県警香取署などに入った連絡によると、5日午後1時15分ごろ、茨城県神栖市太田の常陸川大橋近くの利根川でジェットスキーに乗っていた4人が事故に遭った。3人は心肺停止状態で、茨城県内の病院に搬送された。女性1人の行方が分からなくなっており、同署は捜索を続けている。現場は千葉県と茨城県の県境。

格安宿泊・金利優遇…「子ども手当」商魂過熱(読売新聞)
普天間5月末決着先送り、閣僚から意見相次ぐ(産経新聞)
首相“周回遅れ”ようやく気づいた「現実」 普天間飛行場移設問題(産経新聞)
子どもの人口、1694万人=29年連続で減少−総務省(時事通信)
鉄鉱石運搬船が沈没=中国・山東半島沖で衝突−商船三井(時事通信)
posted by アリムラ スミコ at 19:28| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

認知症GHのスプリンクラー、6割が未設置―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月23日、全国の認知症高齢者グループホームのうち、スプリンクラー未設置は約60%だったとの暫定集計値を発表した。設置義務のある延べ面積275平方メートル以上の事業所では約54%、275平方メートル未満では約87%が未設置だった。

 厚労省は、札幌市のグループホームで3月に発生した火災を受け、全国の約1万事業所を対象に調査を実施。消火設備の設置状況や非常災害対策の実施状況、事業形態、入所者数、夜間の勤務体制などを調べた。

 昨年4月に施行された改正消防法施行令で、延べ面積275平方メートル以上の施設にはスプリンクラーの設置が義務付けられた。しかし、既存の施設は2011年度末まで設置が猶予されている。

 長妻昭厚労相は同日の閣議後の記者会見で、現在スプリンクラーの設置が義務付けられていない275平方メートル未満の施設や、自動火災報知設備などを補助の対象に含めることを関係省庁と検討する方針を示した。

■夜勤職員、1ユニットは1人が97%
 夜間の勤務体制についての調査では、1ユニットの事業所の97%で夜勤職員が1人だった。2ユニットの事業所では83%が2人だったが、1人の事業所が17%あった。グループホームでは、原則1ユニットに1人以上の夜勤職員を配置する必要があるが、2ユニットの場合、利用者の処遇に支障がなければ、併設する他の共同生活住居の職務に従事できるため、1人の配置で足りる。


【関連記事】
グループホーム、スプリンクラー設置済みは約半数―厚労省集計
介護施設の防火体制実態調査を開始―消防庁と厚労省
認知症グループホームの消防設備を実態調査へ―厚労省など
グループホームの防火体制点検を―厚労省
「たまゆら」の悲劇防げ―NPOが地域密着の高齢者介護施設を提案

<渡部恒三氏>「小沢君は絶対辞めない」名古屋の講演で(毎日新聞)
【高速道路新料金】また見直しか!(レスポンス)
<ペーパーショウ>紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
ギョーザ中毒で日中警察会議(産経新聞)
神社本庁離脱の規則変更認める=文科省の裁決取り消し−最高裁(時事通信)
posted by アリムラ スミコ at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。